女性は管理職になることは本当に必要?

「女性活躍が推進されていますがそれは本当にやらなきゃいけないことですか?」

という女性も中にはいます。

ある女性はプロジェクトのマネジメントをしたり、指示をしたりする「ディレクター」として働いています。

社内プロジェクトにも複数かかわるなど、周りからの期待も厚い社員とのことで、自分なりの方法で貢献できることにやりがいを感じているとのこと。

結婚や出産をしても働き続けたいと考えていますが、管理職になることへの意欲は高くないといいます。

管理職はコストパフォーマンが悪い?

ある調査によると、男女ともに管理職へのメリットとして挙げているのは「給料があがる」「仕事への達成感を感じる」などです。

ただ、男性は「社会的地位の向上」や「仕事上での意思決定がしやすい」といったポジションに連動したメリットを連想しています。

その一方で、女性は「部下や周りに頼られる」「社内外のネットワークが広がる」「人をまとめる」などリーダー的な存在となることをイメージしていることが多いようです。

管理職にならなくてもリーダーシップはすでに現場で発揮できるため、「業務負担をさらに増やして管理職になる必要性ってなに?」というのが女性側の本音もあると聞きます。

「管理職」に拘らず、自身に合った活躍ができれば良いのかもしれませんね!

おすすめの記事