仕事上ですれ違いがちな男女の思考を近づける意識

男性メインの職場でこれまで以上の成果を出すためには、男性側からの歩み寄りがとても大切だと思います。

まずは、経営トップがダイバーシティ推進することはもちろん、その理念や取り組みを周囲に十分に伝えるという環境が必要ではないでしょうか。

社員全員が会社の方針をしっかりと理解し、女性視点での働き方について認識を深めて日頃から意識できればよいですね。

男女が相互コミュニケーションを取ることでより仕事がしやすくなっていく事が理想的です。

例えば、女性の部下にどのように仕事をしているかを具体的にヒアリングする事で

「この人はこのように話せば上手く伝わりそうだな」

などの傾向が見えたりもしてきます。

また、男性が上司の立場なら、女性部下から論理的でない提案をされたとしても否定するのではなく、提案内容に対して必要な情報を補完したり、アドバイスを行ったりすると良いでしょう。

このような積み重ねで育成も兼ねた関わりを持つ事ができます。

仕事を行う上ですれ違いがちな【男女の思考】をどうやって近づけるかを常に意識していきたいところですね!

おすすめの記事