上場企業での「早期退職希望」募集の増加

最近、上場企業での

「早期・希望退職」

の募集が急増していると聞きます。

コロナ禍以前からの動きに加えて、さらにコロナ禍で経営難での企業でのリストラも加わったためです。

中でも、50代サラリーマンは「これ」という目立ったスキルがない場合が多く、ターゲットとなりやすいようです。

その一方で「人生100年時代」と言われているので、でリタイアするには早いのです。

当事者としてはかなり不安ですよね。

大企業に勤める人ほど、経済面の不安から会社に依存する傾向が強いみたいですが、上乗せされる早期退職金が魅力的で、第二の人生に踏み出す人も増えつつあるようです。

これまで会社一筋で働いてきた50代サラリーマンの方々にとっては、かなり大きな転機です。

東京商工のリサーチによると、上場企業の早期・希望退職の募集人数は6月3日時点で1万人を超えているとの事です。

1万人を超えるのは昨年より約3カ月早く、これはリーマン・ショック直後の2009年に次ぐハイペースだというから驚きです。

おすすめの記事